生活を変えて心筋梗塞を回避│治療を行ない対策を講じる

相談

早めに気づきたい大腸がん

女性

早期発見に繋げるには

大腸がんの症状としては、血便や下痢、便秘、下血、腹痛、便が出きらず残った感じ(残便感)、お腹が膨れたように感じる膨満感などがあります。他にも細い便が出る、貧血、体重の減少、身体がだるく感じる(倦怠感)などがあります。ですがこれらの症状はほかの病気と間違いやすくもあります。大腸がんの中でも直腸がんは場所的に肛門に近いため、血便や下血があっても痔だと思われやすいです。下痢・便秘は直腸がんでも結腸がんでも起こることがありますが、ただの腹痛、生活の不調、過敏性腸症候群によるものと間違われやすいです。残便感や膨満感は健常者でも感じる事のある症状ですし、貧血・体重減少・倦怠感は疲れや不摂生によっても現れるので、これらでも気づくのは難しいかもしれません。便が細くなるのは、下行結腸のがんや直腸がんでよく見られます。がんがある事で便の通る道が狭くなるせいです。以上のような症状が現れた場合に軽く考えたりせず、ちょっと疑ってみる事が大切です。

大腸がんとはどんなものか

口腔に始まり肛門で終わる消化器系臓器の最後、長さ約2mに及ぶ大腸にできた悪性の腫瘍、それが大腸がんです。発生した場所によって直腸がんや結腸がんなどと呼ばれます。大きく分けて大腸の内側を覆う粘膜細胞からできるポリープの一種、腺腫と呼ばれる良性腫瘍ががん化したものと、粘膜が直接がん化したものの2種類があります。がん発生の原因としては、主に食生活の欧米化が挙げられています。動物性脂肪を摂取した時、その脂肪を消化する際に発生する発がん性物質によるものだと考えられているからです。大腸がんは割合に進行の遅いがんだとされていますが、それ故に罹っている事を発見するのも遅くなり、症状に気づいた時にはリンパ節や肺などほかの臓器に転移している場合もあるので、早めに医療機関へ足を運びましょう。