生活を変えて心筋梗塞を回避│治療を行ない対策を講じる

相談

スピードが異なる

カウンセリング

悪性リンパ腫とは血液のがんで、私たちの体内にあるリンパ節と言われる部分ががん細胞によって腫れてくる病気です。リンパ節は私たちの身体のいたるところに存在するので、悪性リンパ腫は私たちが良く知る胃がんや肺がんなどと違い、身体の何処にでも発症する可能性があるのが特徴です。また、一口に悪性リンパ腫と言っても沢山の種類があるというのも特徴です。大きく分けるとポジキンリンパ腫と非ポジキンリンパ腫に分けられます。日本人が悪性リンパ腫を発生した場合、ほとんどは非ポジキンリンパ腫です。そして、非ポジキンリンパ腫は更に30種類以上の物に分けられ、種類によって病気の進行の速さや抗がん剤などの効きやすさが変わります。患者の年齢は40代以上が多いですが、まれに子供でも発症することがあります。

悪性リンパ腫はとても再発しやすいがんだと言われています。それはリンパ自体が体中を巡る器官であるため、発症した時点ですでに身体の全身に回っている可能性が極めて高いという事が理由として挙げられます。ですから、無事に治療が終わって退院したとしてもほかのがん以上に退院後の治療が重要になってくるのです。特に退院してから2年以内は再発する可能性が非常に高いので、医師から指示を受けた通院日には必ず通院し、適切な治療を受けるようにしましょう。万が一再発した場合でも、同じような症状ならば同じ治療で治せることが多いです。もちろん全く違うタイプになることもあるのでその点は注意が必要です。退院して3年間何もなければ、再発の可能性は格段に低くなり、完治したと考えられます。